KeePerで初の手洗い洗車、プロの手洗いはピッカピカの持続力が凄い。

スポンサードリンク

keeperの手洗い洗車

なんだかんだで忙しさにかまけてしばらく洗車をサボった結果、もうコイン洗車機では太刀打ち出来ない汚れが愛車全体を覆っておりました(T_T)。

今住んでるマンションの駐車場には屋根がないので、一年中雨ざらしってこともあるので。。

さすがにこれじゃあ気持ちよくドライブに出かける気にもならないなと自問自答、GW直前の4月末、一念発起でマジな手洗い洗車をしようと近所の手洗い洗車場を検索するも、ここ千葉ニュータウンエリアには一件も見当たらない。土地は腐るほど余っているというのに・・・。

SPONSORED LINK

その代わりに目にとまったのが、その存在すら知らなかった、手洗い洗車キーパーラボ

KeePer手洗い洗車の料金表

「ん~、手洗い洗車で2千円ちょっとか・・・。ん~、、、、」。。

でもイザ本気で手洗い洗車をするとなるとそれなりの洗車用具や、けしてお安くはないシャンプー類などですぐ数千円になってしまうし、それなりに労力と時間もかかるし、なんせ近場に洗車場も無いし・・・。

ということで、ココはひとつものは試し!、プロに任せてみようじゃないかと。。

一応ゴールデンウィーク前ということもあり、念のため電話で予約。

作業時間はおよそ30分程度らしいのですが、待合室もあるそうなのでノマドセットを持参しその間仕事すればいいかと。。

初回のみ簡単なユーザー登録をすると、このような↓メンバーズカードが貰えます。

KeePerのメンテナンスメンバーズカード

受付時にガラスコーティングや室内清掃などのオプションも勧められますが、取り敢えず初回なので全て丁重にお断りして「純水手洗い洗車」のみを依頼。

で、しばし待つこと30分強、あの汚れに汚れた我が愛車が、新車のようにピッカピカになって目の前に・・・。

さすがプロによる丁寧な手洗いと「純水」によるクリアな仕上がり。。

車体のみならず、タイヤやアルミホイールの細かい網目の間までピッカピカ。素直にウレシイ。。

「純水」とは
「逆浸透圧(膜)の原理」で、 水道水の中に溶け込んでいるナトリウムやマグネシウムなどをほぼ完全に除去したピュアな水のことです。

これならコストを掛けた甲斐有り。待ってる間に一仕事出来ちゃったし。。

ただ、その効果というか価値を思い知ったのは、それから約3週間たった現在の愛車の外観。

当然その間も屋根無し駐車の雨ざらしだったにもかかわらず、殆どホコリも付かず、フロントガラスも綺麗なまま。

ワックスをかけたわけでもないのに、ピカピカが持続中。。

正直これは予想も期待もしていなかったので、有り難さ倍増。

なんでも自分でやりゃいいってもんじゃ、ないですねぇ・・。プロの価値を実感しました。

次回は是非、「3ヶ月毎に新車のような輝き ピュアキーパー」というポリマーコーティングを試してみようと思います。

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする