ダイスキンにドンピシャ!なペン「おんぶっく」をゲット、ただ一つだけ残念なことが・・・。

スポンサードリンク

ダイスキンにドンピシャなおんぶっくをゲット!

つい先日、ワタシのアイデアキャッチ専用メモ帳、ダイソー判モレスキンとしてお馴染みの「ダイスキン」にミニクリップで簡易ペンホルダーを装着したばかりなのですが、、

ダイソーのモレスキン風メモ「ダイスキン」に簡易ペンホルダーを装着、どこでもメモの完成。
手帳マニアとなって早30年、高価なシステム手帳から大小様々な手帳・メモ、あらゆる手帳術を試してきたワタクシKOUが、「どこでもメモ」...

その直後、ふらりと入った文具店で見かけて気になったものの何故かその場はスルーした”手帳に寄り添うペン”、トンボ鉛筆の「ONBOOK(おんぶっく)」が、「あれ、ダイスキンにドンピシャなんじゃ・・」と頭をもたげて来たので、ネットでググッて2本ほど買って見ることに。。

SPONSORED LINK

手元に届いて早速ダイスキンの背表紙にセットしてみると、これが何とジャストフィット!

まるで専用ペンのごとし(*^^*)。

ダイスキンに寄り添うおんぶっく

なぜもっと早く、この”おんぶっく”の存在に気づかなかったのか・・・。

そう言えばここ数年(特に千葉に転居して以来)、伊東屋やハンズ・ロフトなど大好きな大型文具売り場巡りの頻度が激減してました。。イカンイカン・・・。

ダイスキンの背表紙にピッタシ!なオンブック

それにしても今更ですがこのおんぶっくですよ、よくぞ作ってくれましたトンボ鉛筆さん。

やっぱり日本の文具メーカーって、ユーザーの細かいニーズに応える気概が半端ない。

探せば大抵のモノ、ありますからねぇ・・・。

黒のダイスキンには黒のおんぶっくを・・。シックでかなりいい感じです(*^^*)。

黒のダイスキンに黒のおんぶっく

ただ、、、たった一つ、残念なことが!(ワタクシKOUの完全なる不注意です)、なんと”シャーペン”タイプをオーダーしてしまった事!!。

てっきりボールペンしかないと思い込んで、よく見もせずにポチッと行っちゃいました(T_T)

シャーペンタイプのオンブックを買ってしまった!

でもそこは災い転じてなんとやら、引き出しの肥やしとなっていた4Bと赤の芯をそれぞれにセット、4Bなら裏写りを気にせずサラサラ書けますし、赤芯を入れたおんぶっくは本に装着してメモ書きや線引に使ったり。。

4Bと赤のシャーペンの芯をオンブックに。

ということで、早速ボールペンタイプのものを再度ポチッと行きたいと思います。。

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする