タッチダイヤモンド(S21HT)のUSBケーブルとして市販品が使えた。

スポンサードリンク

ご存じの通り、Touch Diamond(S21HT)には専用のUSBケーブルが1本同梱されています。

普段私はそのケーブルを、サンコーのクレードルとPCの接続に使用して、データ同期と充電を行っています。

DVC00123.jpg

なので、外出時に、S21HTとPHS300やノートPCと接続するために持ち出すには、いちいちデスクトップPCとクレードルから、専用USBケーブルを抜く、という手間がかかっていました。

これが外出の際毎回となると、結構面倒だったり、また、たまに持ち忘れる危険性もあります。

で、サブのUSBケーブルを用意しようと思ったのですが、なんせタッチダイヤモンドのケーブルのミニUSB側端子は特異な形状なので、純正の専用ケーブルが必要。

DVC00124.jpg

ググってみたら、Touch Diamond純正ケーブルは結構お高い(3,000円弱)のと、あの長さがモバイル時の使用においては長すぎるのが難点。

そこでふと、以前W-ZERO3と大容量バッテリーMPP-100を繋ぐために購入した、リトラクタブルケーブル・デュアル for W-ZERO3 [es]をダメ元で繋いでみました。

DVC00125.jpg

すると何と!、専用ケーブルと同様、母艦PCとのデータ同期&充電、PHS300でのルーター化、さらにMPP-100での充電まで、完璧に動作してしまいました。

DVC00128.jpg
DVC00129.jpg

感激です。

伸縮自在のリトラクタブルケーブルなので、かさばりやこんがらがりの心配もなく、モバイル用の小バッグに入れっぱなしで忘れることもなく、いちいちクレードルから専用ケーブルを抜き差しする手間も不要となりました。

何と言っても、このケーブルにはMPP-100と接続可能な電源端子まで付いているので、まさに鬼に金棒。

しかし当然、この手のことをやる際の常識として、メーカー保証は無くなります。

同様のことをお試しの際は、あくまでも自己責任でお願いします。。

リトラクタブルケーブル・デュアル for W-ZERO3 [es]

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする