S21HTにSkypeをインストール、さらにモバイルオフィス化が推進。

スポンサードリンク

今の時代、デスクワークでPCを使う企業、ビジネスマンにとって、スカイプの利用はごく当たり前のことだと思いますが、いかんせん外出時、スカイプのためだけにわざわざノートPCを起動させる気にはなれません。そんなときこそ、スマートフォンです。

が、せっかくWMマシンのS21HTを使っているにもかかわらず、windows mobile用のスカイプは、S21HT(Touch Diamond)では容量不足でインストールさえ出来ませんでした。

そのモバイル用スカイプが、6月29日に「3.0.0.256」にバージョンアップされ、やっとS21HTでもスカイプが利用できるようになりました

と言うわけで、早速インストール。

まずはPCとS21HTをUSB接続した上で、Windows® Phone用Skype 3.0ベータ版 からダウンロード。

(ページにはベータ版とありますが、Ver3.0.0.256は日本語正式版となっています。)

後は画面の指示に従って行けば、スムースにインストールできるはず(注:内部ストレージにインストするとエラーで起動できません。必ずデバイスにインストール)。

s21ht-skype

無事インストール完了後、デスクトップPCの前に妻を待機させ、そのスカイプアカウントに、離れた部屋からタッチダイヤモンド(新規アカウント設定済み)で発信テスト。

音声端末のおかげか、驚くほどクリアな音質です。

今回のバージョンアップで、Windows Mobile端末同士、またはWindows Mobile端末とPCの間でファイルの送受信が出来るようになったようなので、ついでにそれもテスト。

s21ht-skype

ファイル送信は「チャット」のメニューにあります。

チャット開始後、メニューから「ファイルを送信」をタップすると、端末内のファイル一覧が表示されるので、送信したいファイルを選択し、「送信」をタップで手続き完了。

すると受信側のチャット画面に、送信されたファイルのアイコンが表示されるので、「保存」をクリックした時点で受信が開始される仕組み(ウイルス対策)。

当然ですが、S21HTから直接スカイプクレジットも購入できます。

なにはともあれ、やっとTouch Diamondでのスカイプが実現した訳ですが、考えると日々の進歩はすさまじいものです。

どんどんモバイルオフィス環境が整い、望むなら好きな場所で、好きな時間にビジネスが行えるようになりつつあります。

5年後、10年後のビジネス環境は、一体どうなっているのでしょうか?楽しみです。

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする