集中力と生産性UPの為に、衝動買いしたAudioMXのBluetoothヘッドホンをポモドーロ専用として活用してみる。

スポンサードリンク

AudioMXのBluetoothヘッドホン

とにかく子供の頃から集中力に乏しい人生を送ってきた、ワタクシKOUです^^;。

なので、様々なノウハウやツール、各種メソッドを利用して、いかに精神力に頼ること無く仕事の生産性とやらを向上させるか、ということに情熱を燃やし続けてまいりました。

そんな中で個人的にかなり効果のあったメソッドの一つ、それが「ポモドーロ・テクニック」。

SPONSORED LINK

要するに、ひとつの仕事を短時間(通常は25分)で区切って5分休憩、を繰り返すことで集中力とモチベーションが途切れること無く生産性を保つ、例の方法。。

で、先ほどLifehackerに上がった記事で、そのポモドーロに音楽を使う、という面白いアイデアを知ったので、早速試してみようかと。。

偶然にも、つい先日急にオーバーヘッドタイプのヘッドホンが欲しくなり、手頃な物を物色していてコスパの良さそうなAudioMX ワイヤレスヘッドホンを衝動買いしたところなので、こいつを「ミュージック・ポモドーロ」専用にしてみることを決意!。

専用なら、コレを装着するだけで集中力スイッチON!ポモドーロ開始!のトリガーになるんじゃないかと(*^^*)。

それにしてもこのAudioNXのヘッドホン、価格の割に結構高級感有ります。

AudioMXのBluetoothヘッドホン開封の儀

持ち運びを前提とした折りたたみ型なので、携行用の収納袋まで付いてます。

AudioMXのBluetoothヘッドホン内容物

左側ハウジングに電源ボタン・音量・ミュート・通話開始等のボタン類が集約されてます。

AudioMXのBluetoothヘッドホン本体

アルミニウム部分がCOOL。見た目ほど重くはない。。

AudioMXのBluetoothヘッドホンを横から見たところ

イヤーパッドは柔らかくアラウンドイヤータイプなのも、個人的にはグッド。オンイヤーは耳が疲れるんで・・。

AudioMXのBluetoothヘッドホンのイヤーパッド

このように内側にヘッドバンドが折れる仕様なので、バッグに入れての持ち運びも通常のタイプよりは楽です。

折りたためるAudioMXのBluetoothヘッドホン

気になる音質ですが、この価格でBluetooth経由にしては充分、な感じ。個人的には。。

特に重低音の響きにはしょっぱな少し感動します。

あくまでもじっくり音楽鑑賞用ではなく「ポモドーロ」のタイマー代わりとしての専用ヘッドホンとしてならお釣りが来るほど。。

ただ一点、「高い密閉性により、周囲の音を完全に遮断」は正直それほどでもありません、テレビの音声や周囲の話し声はうっすら聞こえます^^;。

ま、今回は自宅でポモドーロタイマーとして使う目的なのでそこまで遮音性は不要なので問題なし。

出先での完全ノイズキャンセリング集中モード用にはSONYのMDR-NWBT20Nという強い味方があるので。。

遮音性抜群、SONYのBluetooth&ノイズキャンセリングイヤホンMDR-NWBT20Nで集中力復活。
ここ数日、外部の雑音をシャットアウトするためのヘッドホン物色に情熱を注いで折りましたが、、、 ノマド&オーディオブック視聴時の...

でもこれを常に使っていると、とっさに出かけた場合に肝心の出先でバッテリー切れ、なんていう残念至極な目に幾度か会ったのも、今回このヘッドホンを物色するキッカケだったので、ナイスタイミングでポモドーロ+音楽!というアイデアを与えてくれたLifehackerさんに、心より感謝!です。

スポンサードリンク
関連アドセンス
こちらの記事もいかがですか?

シェアする

フォローする